入れ歯・ブリッジ治療|大手町駅直結の歯医者 大手町朝日歯科

東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル1F
大手町朝日歯科


入れ歯・ブリッジ治療

歯が抜けっぱなしになっている。今の入れ歯ではよく噛めない。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、ほとんどのケースでその部分を補わないと歯の位置が移動したり、咬み合わせがくるうなどの問題が長期的に起こります。

そこで、そうならないために抜けた歯を補うのが入れ歯・ブリッジです。

ブリッジという抜けた部分の両脇の歯に接着剤で固定する固定性のもの入れ歯のことです。

ブリッジはしっかり固定するために、両脇の歯を大きく削り冠形態の歯で固定することが知られていますが、当院では専門分野である接着歯科の技術を使い従来型のブリッジに比べ両脇の歯を削る量が4~5分の1程度で済む接着性のブリッジも行っています。この技術は健康保険の適応になっています。

入れ歯はブリッジに比べると周りの歯を削ることがないので、体に優しい治療ですが、ブリッジやインプラントに比べ食事に制限が出たり、取り扱いが煩わしかったり、はじめ歯茎と当たる部分がこすれて痛かったり、部分入れ歯の場合ケースによってはクラスプ(部分入れ歯が動かないように残っている歯に掛ける針金のようなもの)が見えて、見た目が悪くなる場合もあります。

そのため、せっかく作っても使わなくなってしまう患者様も多くいらっしゃいます。

当院ではその様なことがなるべく起こらないように、事前に入れ歯がどれぐらいで慣れるものなのか、どれぐらい調整が必要かなど説明に十分時間をかけるようにしています。さらに痛く無くかめるようになるまで何度も調整いたします。

また、見た目や使い勝手に優れた比較的新しい技術でありノンクラスプ・入れ歯や、残っている歯に磁石で入れ歯を固定する磁性アタッチメントをよく用いております。

ノンクラスプ・金属床

ノンクラスプ・金属床

右が金属クラスプを使わない見た目に美しいノンクラスプ義歯。左が丈夫なメタルフレームを使った丈夫な金属床義歯。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

右側が残った歯の根に磁石のつくいたを付けた状態。左が義歯で透けて見えるのが小さくて強力な磁石。


ブリッジ

ブリッジ

両脇の2本が被せもの、中央の1本が抜けたところを補うダミー。



Copyright © 2013-2017 Otemachi Asahi Dental Clinic. All Rights Reserved.